CASESTUDY お客様のリノベーション実例紹介

探し求めた、たったひとつ。

家を探し、住まいに出会う。

家は、どんな人にとっても愛しい存在です。あちこち探してようやく見つけた一軒なら、なおのこと。
今回お邪魔したKさま邸は、2年探してようやくたどり着いたというまさに“理想の住まい”です。
やさしい光が差し込む吹き抜けに、マンションにはめずらしいメゾネット。走り回れるほどのバルコニー。
Kさんとこの家の出会い、そしてこれまでのストーリーをご紹介します。

01.出会い

導かれたように、訪れた家。

子どもが走り回れる家に住みたいと、住まい探しを始めて2年。ふと立ち寄った展示会でN's Create.に出会ったところから、物語が始まります。内装のデザインだけでなく、物件紹介も得意とするN's Create.。翌週には、Kさんとともに実地に出かけました。リノベーション済みの物件を見学してから、中古マンションを内覧。3軒目に訪れたのが、この家でした。担当者は、この家がKさんにぴったりだと直感。どれがいいのか決めかねていたKさんに、建物としての良さや管理状況の適切さなどを説明し、決断をあと押ししました。「不安を解消して購入を決意できました」とKさん。

  • 眼下に広がる眺望/バルコニー

  • タイルそっくりなクッションフロア/洗面脱衣室

02.住み心地

目を奪われる開放感。

この家の特徴は、なんといっても南側の吹き抜け。大きな窓がふたつ付き、朝からさんさんと陽が降り注ぎます。リビングはキッチンとひと続きの、見通しのいい空間に。南北に窓があり、間仕切りが少ないので、夏には、さわやかな風が室内を通り抜けます。バルコニーからの眺めも、この部屋ならではの魅力です。

長男の勉強スペース/スリースペース

03.こだわり

あたたかく、
存在感のある無垢。

こだわったのは、なんといっても床。裸足で歩け、傷や汚れも気にならないヴィンテージの無垢材を取り入れました。キッチンは、東京の展示場まで足を運んでセレクト。ニュアンスのあるステンレスと、通常より15cm広い天板、使いやすい水栓や収納が決め手となりました。お気に入りのキャビネットやダイニングセットも、ぴったり収まるように設計。家具や照明が活きるデザインになっています。階段を上ると、広々としたフリースペースが。1階も2階も、子どもがのびのび過ごせます。2階は、将来個室が必要になった時に備えて、間仕切ることができるよう工夫しました。

将来は2部屋に区切れるようドアを2つに/スリースペース

吹き抜けを活かしたプランでリノベーション。
2階は将来性を考えた可変性のあるフリースペースに。

工事費用

オーナー様インタビュー

―ここぞ、という物件になかなか出会えなかったそうですね。
奥さま:探し始めたのが震災直後だったので、売り手市場だったんです。ファミリー向け、というだけで、話も聞かず門前払いされたこともありました。新築も考えましたが、値段に見合う広さとは思えず…。
―リノベーションにはどういう印象を持っていましたか?
奥さま:雑誌などで目にしていましたが、話を聞いたのはN's Create.さんが最初でした。
―この家の最初の印象はどうでしたか?
奥さま:吹き抜けに、一目で心を奪われました!この家をどう料理しようかとワクワクしましたね。
ご主人:はじめは中古物件に抵抗があったのですが、実際に見たらすごく良かった。マンションとは思えない間取りが決め手でした。
奥さま:両親も、最初は中古物件に難色を示していたんですが、完成して招待したら一転、「あら、いいじゃない」って。リノベーションの良さは、思う存分中身にこだわれるところですね。
―N's Create.の印象はいかがでしたか?
奥さま:相性が良かったと思います!こんなふうにしたい、と投げると、ビシッと決まる案を提示してくれるんです。床材をヴィンテージにしたのも、N's Create.さんの提案でしたし、壁を白く塗ったのもそう。打ちっぱなしの壁も考えていたのですが、提案の通りにしたら、結果、インテリアとのバランスも良かったです。
ご主人:アフターフォローもうれしいよね。
奥さま:そうそう、メールや電話で気軽に相談に乗っていただいています。
―お住まいになってみて、いかがですか?
奥さま:日当たりがとても良くて暖かいです。提案してもらって二重サッシにしたので、冷暖房の利きもいいですね。かなりこだわったキッチンも、納得の使いやすさです。
ご主人:シンクも天板も広くて、料理が楽しくなります。作り付けの棚も、高さ調整できるようにしてもらったので、モノの出し入れもしやすいですね。休日は、友人家族を招待して食事会することもあります。みんなに自慢できる、気持ちのいい家です。