WORKS更新

  

  

  

仙台市内のマンションよりも郊外の土地での広々とした住まいをご希望しており、大きな庭のあるこの家に決定。
細かく部屋が分かれており広さの体感ができなかったため、大きな空間で暮らせるようなプランニングとしました。
天井の高い普段使い用のリビングと床を掘りこんだゲストのリビングの2つを作ることで、
ひとつながりの空間の中で立体的な空間を造りとなり、時間や来た人によっても変化するような“器のような住まい”が実現しました。

  

  

  

  
  





    施工紹介へ