築18年 自宅マンションリノベ

3 Concept House

インテリアにこだわる親子3世帯の住まい

年齢差のある3世代が同居する住まい。
ひとりひとりの生活スタイルや価値観も様々なことからLDK等の共有スペースはニュートラルな雰囲気にすることにより、

ご家族皆様がストレス無く、常にコミュケーションを取りながら生活することができる空間としました。
ご家族皆様の“3つのコンセプト”を考え、家づくりを進めていきました。

CHECK IT OUT

LDKと和室を繋げることにより広々とした空間を確保、将来の介護や高齢のお婆様が遊びに来ても大丈夫なよう、廊下や水廻りスペースをゆったり取りました。ソファーとテーブルはシンプル&ナチュラルなデザインがとっても素敵なモモナチュラルの物をセレクト。フローリングは無垢のナラ材をセレクト。裸足で歩いていたお子様も気持ちよさそうでした。

主寝室の出窓はベンチ代わりにしてゆったりくつろげるスペースに。本棚にはお気に入りの雑貨や小物をディスプレイし、本当にリラックスできる部屋としました。ベンチの隣には広めの造作デスクを設置し裁縫作業やお仕事などにもストレス無く使用できます。 この主寝室には大きなウォークインクローゼットも配置。中にお手持ちだったミラーを取り付けたため、毎日のファッションコーディネートが楽しくなることでしょう。

現在小さなお子様がいて、和室をプレイルームとして利用することや、将来お母様が利用することを考慮し、生活空間の段差を極力なくす設計としました。マンションの構造上の問題もあるが、できる限りバリアフリーでのリフォームを実現しました。

ROOM LAYOUT

Before
After

FROM PRODUCER

3世代すべてのご家族のために”3つのコンセプト”を設け、
作りこんでいくことが、住むことの心地よさにつながると考えました。

 

年齢差がある場合、生活スタイルや、ひとつひとつの価値観も様々です。
そこで、3世代すべてのご家族のために”3つのコンセプト”を設け、作りこんでいくことが、住むことの心地よさにつながると考えました。
01:3室のそれぞれのコンセプト作りと設計
02:共有スペースの間取りと動線、生活状況を考えた設計
03:すべてのお部屋へデザインをつなげる、ニュートラルなLDKスペース

STAFF

  • 設計・監理:菅野 絵美