築19年 中古マンション購入+リノベ

Connected house

ツナガリのある家

理想とする住まいを実現しようとする場合、立地・デザイン共に叶えようとすると新築では予算オーバーになるケースが多々あります。
中古購入+リノベーションを検討し、不動産屋さんに紹介された工事業者さんに相談してはみたものの満足が行かず、弊社へご相談にいらっしゃいました。
仙台での希望の立地を優先し、限られた予算内でリノベーション工事をするため、フルスケルトンにはせず工事費を削減。
部屋と部屋を繋げたり壁を立てたり、間取りの変更をメインに素材感にこだわってリノベーションしました。

CHECK IT OUT

壁を取り払い、洋室だった窓際の一部を繋げ合わせた土間の玄関。シューズクロークとは別の収納として利用できるスペースは、まだ幼いお子様のベビーカーや自転車を置いたり、DIY作業スペースとして等、住まい手次第で様々用途で使用できます。 土間なので汚れも気にせず、フレキシブルに使用できる広い玄関スペースを実現しました。 また、窓の無い洋室への採光、通気性を取る室内窓も可愛らしいアクセントとなりました。

リビングとメインベッドルームの間に配置したウォークインクローゼット。両方の部屋を行き来できるこのウォークインクローゼットは、忙しい朝の準備などもスムーズに行なえ、利便性抜群。また、バルコニーで取り込んだ洗濯物をそのまま収納できたりと、生活動線も考慮しました。

元々和室だった部屋は元のLDKと繋げ広がりのあるリビングルームに。造作のデスクと棚を取り付けた壁面は、クリエーター関係のお仕事をされているご夫婦の作業スペースとして利用もできます。お子様が成長して個室が必要になったらまた一つの部屋として独立させることも可能です。

ROOM LAYOUT

Before
After

FROM PRODUCER

上手く既存部位を残して再利用しつつ、予算内に収めることを重要視しました。

 

お客さまの要望は、
[01]和室を洋室にして、リビングを広く使いたい。
[02]広めの玄関スペースが欲しい。
[03]ウォークインクローゼットが欲しい。
この3点のご希望を叶えるため、部分的な間取り変更を加えました。
予算内に収まるよう既存部位を残しつつ、シンプルにカジュアル過ぎない落ち着いた雰囲気に仕上げました。

STAFF

  • 設計・監理:菅野 絵美

STORY

お子様が生まれたばかりの30代のご夫婦。
以前のお住まいが築古の賃貸戸建で断熱性が非常に悪く、断熱対策もしっかりしている築浅のマンション購入を選択。
物件価格が高めの人気のあるエリアをご希望で、他社不動産屋にて紹介された物件をリノベーションしようと決意。
その不動産屋から紹介された工事業者へ相談するも満足できず、弊社へご相談へいらっしゃいました。
物件価格に対して限られた予算を上手に活用するため、フルスケルトンにはせず、
既存の壁や建具を再利用しながら、間取りとデザインのバランスを考慮しながらのリノベーションとなりました。