どう進めたらいい?リノベーションの進め方

こんにちは!リノベ不動産仙台の鈴木です。

本格的にリノベーションをお考えの方にとって、「どこにお願いしたら良いのかわからない…」「どんなスケジュールで進んでいくの?」と会社選びや進め方は気になるところですよね。

 

今回は、私が思う会社選びのポイントや具体的なリノベーションの進め方についてご紹介していきます!

 

 

 

1 最初に必要なことは、理想の暮らし方を考えること

「どこにお願いしようかな…」と会社選びを始める前に!まず始めにすべきことがあります。
それは
理想の暮らし方を考えること。最初に考えを整理しておくことで、より効率的にリノベーションを進めていくことができるからです。

 

家族みんなで希望のカタチを声に出して話し合うことをおすすめします。

 

 

新しい住まいではどんな暮らしがしたいですか?

・駅から徒歩5分のマンション。なおかつ、スーパーも帰り道の途中にあり、仕事帰り寄って帰りたい。

・子どもの通学が一番大事。

・広いLDKであれば、友達もたくさん呼べそう!

・家でも仕事をするため、集中できる書斎スペースがほしい。

・いつでも気軽にお酒を楽しむためにバーを設けたい。それなら友人を呼んでも楽しめそう!

 

など

 

希望をあげてみると、ご家族の中でも何を一番に望むのかが異なることは多いかと思います。
それら全ての望みを叶えることは簡単ではなく、立地や価格も含め全てを希望通りに叶えることができない人も少なくありません。そのため、譲れない「最優先事項は何か」を明確にまとめておくことが重要です。明文化しておくことで不動産会社やリノベーション会社に相談する際にも円滑に話が進み、的確なアドバイスや提案を受けることができる可能性がぐっと高まります。

 

まだ、「理想の暮らし」のイメージが持てていないという方は既にリノベーションされた方や暮らしやお住まいの写真を見て、自分に合った暮らしを模索してみましょう!

情報を収集する方法はさまざまありますが、私はPinterestやInstagramなどのサイトやアプリを使うことが多いです。Pinterestは写真を検索して見ていくうちに自分の興味のありそうな写真のあるWebサイトをオススメしてくれるサービスです。そのため「なんとなくこんな感じがいいけど具体的には言い表せない…」といった漠然とした要望がある場合はPinterestを、見て行く中で具体的に気になるワードなどが出てきた時にはInstagramでハッシュタグ検索をするようにしています。
何から手をつけたら良いかわからないという方は、ぜひ、Pinterestで「リノベーション」と検索するところから始めてみてください!

 

家族内で話をしてみて、結果的に希望がまとまらなかったとしても全く問題はありません。ご家族だけでなく、第3者と話していくうちに考えがまとまることも多いものです。考えを整理するために相談に行ってみるのも1つの手段ですので、困った時には相談に出かけてみましょう。

 

 

2 どこにお願いしたらいいの?

理想の暮らし方を思い描けたら、お願いする会社選びを始めましょう。

 

中古物件を購入してリノベーションする場合には銀行の手続き、物件探し、間取りプランの設計、リノベーション工事を同時進行で進めていく必要がありますので、ここではどんな会社にお願いすると良いのかについて見ていきます。

 

2-1 複数の会社か1つの会社か

上でも述べたように、リノベーションにはいろいろな打ち合わせや手続きが絡んできます。融資に関しては銀行、物件探しは不動産会社、間取りプランの計画・設計は設計事務所、リノベーション工事は施工業者と、それぞれ打ち合わせを進めていかなければいけません。今でも「設計事務所で働く知人がいる」、「不動産会社を親に紹介された」などの場合、このように複数の会社にお願いすることがあるようです。スケジューリングや打ち合わせなど、自分の足で動いて複数の打ち合わせを同時に進行させる必要があるため、初めてリノベーションする方にとっては難易度が高いと言えるでしょう。打ち合わせだけで疲弊してしまいます。

 

そういった問題を解決する手段として、銀行の手続きから施工業者へのお願いまでを一括でお願いできる方法(会社)があります。

 

「ワンストップ」という言葉でサービスを提供している会社にお願いすることです。ワンストップとは「窓口を一元化する」ことを意味します。窓口が一つになることで、自ら複数の会社へ足を運ばなくとも手続きや契約の手伝いをしてくれるため、時間のない方や知識のない方も楽にリノベーションの計画を進めていただくことができます。

また、実績やノウハウのある会社であれば、不明点を相談しながら進められるため、安心してお願いできるというメリットがあります。

 

2-2 会社選びのポイント

早速会社選びに入りたいところですが、その前に押さえておくべき項目が3つあります。

 

「物件選びのポイント」「資金計画」「自分に合ったプラン/予算の検討」の3つです。

 

例えば、ワンストップの会社にお願いするとしても、後悔しないためにはリノベーションを進めていくにあたって、ご自身でもある程度知識を持っておくべきです。特に上記の3点の知識を身に着けた上で会社選びを進めてまいりましょう。いずれも相談会やセミナーと題して説明の機会を設けている企業はあります。弊社でも、お越しいただいた際にお話させていただくことが多いです。一度頭に入れておけば、ご自身で物件探しを行う際に正しい判断ができますし、無理のない月々の返済計画を立てることができます。その会社でリノベーションを計画するかどうかは別として、会社選びのファーストステップとして、相談会などに参加・学習することが最適だと考えます。

 

会社選びの4つのポイント

さて、本題である会社選びに移りましょう。複数の会社にお願いするにしても1つの会社に任せるにしても、選ぶにあたってはいくつか見るポイントがあります。ホームページで確認するだけでなく実際に足を運んで話を聞き、対面することで感じることも大切です。プランや予算が合致することが前提の条件だとは思いますが、その上で1つの会社に決めきれない場合の比較ポイントを紹介します。会社選びのポイントとして4つを参考にあげていますが、気になることがあればどんどん質問してみましょう!

 

(1)自社施工事例の豊富さ

自社で施工した実績が多いということは、それだけノウハウや知識があることの証拠です。中古マンションはそれぞれに構造や管理規約が異なるため、工事の際は臨機応変に対応することが求められます。この会社の事例が好き!という視点だけでなく、事例を「経験値」ととらえて見てみるのも良いでしょう。ただし、関連会社や同一グループ企業の事例を紹介しているケースもあるため、見極めには注意が必要です。

 

(2)会社のコンセプト

お願いしようとしている会社が、どんな思いで事業を展開しているかを確認してみましょう。ホームページだけでは分かりにくいこともあるため、実際に会ってみて話を聞いてみたり、資料請求で詳しいパンフレットを取り寄せるのが良いと思います。これから長くお付き合いしていくことになる会社です。せっかくならコンセプトに共感できるところにお願いしたいと思いませんか?

 

(3)保証体制が整っているかどうか

工事中や引渡し後の漏水など、万が一の時の保証が受けられるかどうか、またアフター保証が整っているかどうかも見極めポイントの1つです。お住まいづくりは、作って終わりではなく、お住まいいただいたその後のフォローも同じくらい大切ですので、ホームページで確認できなければ、ぜひ直接話を聞いてみてください。

 

さらにどんな事業者団体や協会への加盟がなされているかも、安心して任せられるかどうかを測るバロメーターとなります。ホームページの会社概要に記載があるかと思いますので、併せて確認してみてください。

 

(4)担当者との相性

お客様のご希望や状況に合わせて適切な提案をしてくれるかどうかはとても重要です。これから長きにわたり住むことになるお住まい。お客様のご希望に応えるだけでなく、本当にその選択がお客様のためになるのかを考えたり、寄り添った提案ができるかどうかが、リノベーション後の豊かな住まいへも繋がってくると思います。例えば、物件の決め方1つをとっても、メリットだけでなくデメリットも伝えてくれるような誠実な対応をしてくれるかどうかなど、話をして感じ取れることは多いはずです。新築よりもお手軽にお住まいを手に入れられるリノベーションですが、安い買い物ではありません。だからこそ安心して任せられるところが一番ですよね。

 

 

3 具体的な進め方

お願いする会社が決まったら、次に気になるのがリノベーションのスケジュールではないでしょうか。

 

物件探しからのリノベーションを考える場合、最初はヒアリングから入り、1でご紹介したような希望を聞くことから始めます。その後は大きく分けて①ローンの手続き ②物件探し ③リノベーション工事の3つの手続きや打ち合わせを並行して進めていきます。会社によって若干順序が異なる場合がありますが、ここでは大まかな流れをご説明していきます。

 

3-1 住宅ローン

現金で支払われる方以外は、ほとんどの方がローンを組むことになります。
手順は大きく以下の通りです。

 

・事前審査

 →年収やその他様々な項目を元に審査を受け、自分がいくらお金を借りられるか、わかりやすく言えば「財布の大きさ」を把握する確認作業。

 

・本審査

 →実際にお金を借りるための本番の審査。

 

・住宅ローン契約

 →お金を借りるための契約。

 

・融資実行

 →実際にお金が入ること。

 

事前審査は、次にご紹介する物件探しと同時期に行います。

住宅ローンに関してはこれだけで1つの記事が書ける内容ですので、またの機会に詳しくご説明します!

 

3-2 物件探し

事前審査で財布の大きさを把握した時点で、さらに資金計画で無理のない返済プランの作成を行います。

 

・月々の返済はいくらに抑えたいか

・そうすると何年間のローンでいくらの借り入れになりそうか

・事前審査の結果とすり合わせて問題がないか

・最終的に、希望するリノベーション工事の内容を見ながら購入する物件の金額を設定する

 

ここで初めて、決定した金額を見越した物件探しに入ります。

 

希望の立地や広さ、かつ無理なく支払える金額の物件を見つけたら、「物件を買います!」という意思表示となる購入申込書をご記入いただきます。そして何事もなく無事に手続きが進めば売買契約を結び、先ほど説明した融資実行がなされた時点で物件の代金を支払う、という流れになります。

 

3-3 リノベーション工事

○プラン

実際にどんな間取りや内装にしていくかの打ち合わせです。

 

物件が決まった段階で現地調査をし、建物の寸法を測って既存の間取り図に落とし込み、それからはお待ちかねのプラン作成に入ります。憧れだった書斎スペースやタイル張りのキッチンが実際に計画されていく打ち合わせは、とても楽しいものです。
解体後初めて判明することもあるため、解体後プランの最終調整を行う場合がございます。

 

○工事

プランが一ひと通り終わり、中古物件の代金の支払いも終わった時点で工事が始まります。

部屋をスケルトンの状態にしてから新しい部屋の仕切り、キッチンやお風呂などの住宅設備機器の設置、床や壁紙貼りに入ります。工事期間の目安は約2ヶ月半から3ヶ月。その間数回の検査を経て、最終的にお客様へお引渡しすることになります。

相談すれば自分でタイルを貼るなど、工事の一部を経験することができるため、より一層愛着のわく住まいづくりが期待できます!

 

 

4 まとめ

いかがでしたでしょうか?

リノベーションに向けて実際に行動する前に、少しだけ立ち止まってこの3点を気にしてみてください。

 

 ・まずは理想の暮らし方を考えることから始める

 ・物件選び・資金計画・自分に合ったプラン(予算)に関する知識を得てから会社選びをする

 ・リノベーションの打合せは住宅ローン・物件探し・工事の3つが同時に進んでいく

 

 

リノベ不動産仙台の事例をまとめたWORKS集を、現在無料で配布しております。
興味がある方は、お問い合わせください。

理想の家づくりを実現する無料の相談会を毎回開催しております。

0120-37-4185 営業時間 10:00-18:00 / 水曜定休日
資料請求はこちら

@ N's Create. All Rights Reserved.