現場日記:A様邸【進行中】※7/31更新

リノベ不動産 仙台 菅野

設計の菅野です。

今回の現場は窓開口が大きく、見晴らしのいいとても素敵な物件です。

物件の持つポテンシャルを最大限生かした間取りのご提案をさせて頂きました。

 

■所在地:宮城県若林区

■種別:集合住宅

■専有面積:57.1㎡

---------------------------------------------------------------------------------------------

【Before】

 

玄関より。

リビングのドアを開けるとリビングの日が玄関まで届きます。

玄関にも常に日の光が入れば明るくて素敵な空間になるのでは?

最初に現地確認させて頂いた時こんな思いでわくわくした記憶があります。

 

 

 

 

 

リビングダイニング。

窓が多くてとても明るい!

天井もかなり高いです。

キッチンだけが孤立しており、お客様よりリビングダイニングと繋げたいとのご要望がありました。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

2020/6/4~

Ⅰ.解体着工

 

梅雨前に何とか解体スタートしました。

今回は外周部以外は全て解体していきます。

 

 

 

凄いゴミの量!

毎回ですが、このゴミ出しがかなり大変で、職人さんたちが汗をかきながら何往復もしてトラックに運びます。

 

 

 

 

解体が無事完了。

ここから設備配管のやり直しや電気の線の整理、大工さんの下地工事へと移っていきます。

この何もない状態が個人的には一番わくわくします 笑

どんな感じに仕上がるのか楽しみです!

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

2020/6/15~

Ⅱ.下地工事、配管工事

解体も完了し、ここから大工さんがメインの下地工事に入っていきます。

スミダシ作業(お部屋の壁を建てる位置などを決めていく作業です)も終わると

設備の取付位置も決まって来るので、給排水やガス配管を新規でやり替える作業も同時に入っていきます。

 

 

今回は木下地で壁を組んでいきます。

壁の下地は現場や職人さんのやり方に応じで軽量鉄骨又は木で組んでいきます。

 

配管工事。

床を組む前に配管を指定の位置までもっていきます。

既存の古い配管をばらしていきます。

 

 

 

新規配管。

古い配管は撤去出来る所まで撤去。

床下に隠れてしまう所は最新の注意を払って作業する所です。

排水の高さは床の仕上がり高さに影響するので、シビアに高さを決めていきます。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

2020/6/24~

Ⅲ.床下地工事、天井組

 

粗方間仕切壁が立ち上がった段階で、今回は床組み工事です。

遮音の床組みでお馴染みの万協フロアー。

遮音のゴムが付いた床束を水平を見ながら等間隔に配置、

床下地のパーチクルボード、その上にさらに補強のコンパネを貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

あっという間に床下地が仕上がりました。

 

大工さんの作業の合間に、ユニットバスも設置。

壁で囲われてないとユニットバスがどんな形の箱で構成されているかがよく分かります!

 

 

 

 

大工さんの工事はまだまだ続きます!

床が組み上がると天井組の工事。

今回は天井高が高いのと、既存の天井形状(今回は鉄骨リブ)で天井組自体大変なのですが、

設計上、天井の形状を少し複雑にしてしまったので、かなり手間がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に仕上がってるなあ。

さすが!

 

実は天井の仕上げ、まだここで終わりません。

ここに何が付くかは後程・・・

 

 

 

 

 

 

天井も粗方組み上がって来ると、電気屋さんと火報屋さんも配線作業。

スイッチなど設置予定の位置に配線を取り出します。

ここまで来ると、大工さんの下地工事もやっと半分終わったな、という所です。

このタイミングで先日お客様に中間検査をして頂き、壁の位置や配線の位置など詳細ご確認いただきました。

 

これから建具の枠付けやボードを貼って、どんどん仕上げて行きます!

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

2020/7/8~

Ⅳ.ボード張り、造作工事 等

お客様の中間検査も終わり、ここから一気に建具の枠付け、クロス下地のボードや造作の棚などを取り付けていきます。

 

 

ドア枠が付きました。

 

 

 

 

大量のボード。

これを全部貼っていきます。


ボードで塞ぐ前に必要な所に下地を入れていきます。

これはカーテンレールの下地。

 

ボードがある程度貼り上がった所で今回の空間のアクセントとなる化粧梁の取付。

4Mもあるヒノキの化粧梁(今回は柱材を利用)、

今回高層階なのですが、エレベーターに乗らないので大工さんが頑張って長物を上げてくれたので、

ジョイントも入らず、凄く綺麗な1本物が使えました!

 

今回はちょっとした細工をする為、取付前に大工さんに溝をついています。

 

 

 

 

集成の梁とは違った無垢材1本物、やっぱいいです!

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

2020/7/17~

Ⅴ.秘密のボックス設置

 

敢えて秘密という事にしてみました 笑

とある箱を組み立てています。

 


 

 

あっという間に箱が組み上がりました。

私も初めて実物を見たこのボックス。

こんな構造になっているのかと半日まじまじと組み立てている様子を見ていました。

 

ボード張りもひと段落すると、どんどん仕上げ工事に入っていきます。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

2020/7/27~

Ⅵ.内装工事

ボード張りまで無事終わり、いよいよ内装の仕上げ工事に入っていきます。

今回は塗装をする箇所がいくつかあるので、先に塗装をしてからクロス仕上げに入っていきます。

 

 

   

塗装が仕上がった状態。

キッチン腰壁のチーク材に色を合わせて塗って貰っています。

 

 

 

塗装が終わるとクロス工事。

先にクロスを貼る前の下処理をしていきます。

今回天井の形状が複雑なので、手間がかかってます。

 

 

 

 

一部は既にアクセントクロスが貼られています。

お客様がこだわって選んだクロス、いい感じに仕上がりそうな予感!

今は現場の照明なので明かりが煌々としてますが、

選んで頂いた照明器具達が付くと、もっといい感じに色が出そうです。

仕上がりが楽しみです!

(続きます)

理想の家づくりを実現する無料の相談会を毎回開催しております。

0120-37-4185 営業時間 10:00-18:00 / 水曜定休日
資料請求はこちら

@ N's Create. All Rights Reserved.