中古マンション+リノベーションのメリットとは

リノベ不動産 仙台 濱端

 

 

住宅の購入を検討している方で、マンションを新たなお住まいにと考えている人は多いと思いますが、その中でマンションの「リノベーション」に興味を持っている方はどれくらいいるでしょうか。

 

仙台でも年々リノベーションに興味を持っている方が多くなってきました。

 

今回は、改めてマンションリノベーションの特色やメリットについてご紹介したいと思います。

これからマンションの購入を考えている方やリノベーションに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

リノベーションとは

まずはおさらいです。「リフォーム」と「リノベーション」の違いについて、ご説明いたします。

一般社団法人リノベーション協議会では、次のように定義付けられています。

 

◎リフォーム:
原状回復のための修繕・営繕。不具合箇所への部分的な対処。

 

◎リノベーション:
機能、価値の再生のための改修。その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。

 

リノベーションは、もともとある物件を自分にあった住環境へと改修、再生することを指します。
英語の「renovation」には「改装、刷新」という意味があり、プラスαの新たな機能や価値を向上させることを意味します。そのため、既存住宅を新築の状態に近づけ、さらに新しい価値を付加することが「リノベーション」と言えるでしょう。
そのため、修繕・営繕という意味のリフォームとは似て非なるものと言えます。

 

リノベーションに関する説明は、『リノベーションとは!?どんな人がリノベーションを検討するべき?』の記事でより詳細にまとめていますので、そちらをご覧ください。

 

 

 

 

マンションリノベーションの種類

お住まいを探しているみなさんにとって、マンションリノベーションは、「どのタイミングで」「誰が」リノベーションするかで性質が大きく異なり、リノベーション物件の購入は大きく2種類あると言えます。

 

◎中古マンション購入後、ご自身でリノベーションするケース
自分のライフスタイルや価値観に合わせてお住まいを自由に設計できるため、弊社でリノベーションを希望されている方の多くは、こちらのケースに当てはまります。
中古マンションは、「価格が安い」という利点を持っている反面、「古くて劣化している」などのマイナスの印象を持つ方もいるかとは思いますが、中古マンションとリノベーションを組み合わせることで、マイナスポイントを払拭しつつ、自分の思い通りに新たな価値を生み出すことができます。

 

例)
> 中古マンションを買ってリノベーションhttps://r-sendai.com/voice/voice01/

 

 

◎リノベーション済みのマンションを購入するケース

リノベ済み物件や再販リノベなどの言葉で表現されており、不動産会社が企画して、リノベーションを施した状態で販売されている物件です。
自分で一から住まいのカタチ(間取りや仕様)を考えるのは大変だけどリノベーション住宅の雰囲気が好き、プロが企画したおしゃれなお住まいに住みたいという考えを持つ方々の選択肢のひとつになっています。不動産会社のコンセプトルームやモデルルームとして企画された物件もこれにあたり、それらの物件を購入するケースもこちらです。

 

例)
> リノベーション済み物件を購入https://r-sendai.com/voice/voice03/

 

 

弊社では、上記2つのケースでお客様にお住まい(リノベーション)を提供していますが、それぞれメリットとデメリットがありますので、それらを簡単にまとめてまいります。
リノベーションのマンション購入を検討する際に参考にしてください。

 

 

 

中古マンション購入後、ご自身でリノベーションするメリット

中古マンションをリノベーションする主なメリットは下記が挙げられます。
その恩恵を最大限得られるのが、ご自身でリノベーションするパターンです。

 

1.物件数が多く、選択の幅が広がる
2.自由な設計で自分にあったデザインを実現できる
3.価格を抑えることができる

 

 

1.物件数が多く、選択の幅が広がる
中古マンションをお住まいの選択肢に含めることで得られるメリットは、豊富な物件数からお住まいをえらべるという点が挙げられます。

 

利便性の高い主要な駅の周辺は、既に商業施設やマンションが建ち並んでいます。そのため、新築マンションを建設するスペースはわずかしかなく、自分の理想のエリアでお住まいを手に入れることは困難と言えます。

一方で、中古マンションの物件数は、「新築分譲マンション」や「土地」よりも圧倒的に多く、さらには駅の近くや人気地域でも、中古マンションなら購入できる可能性が高く、選択の幅が格段に広がります。

一般的に物件選びの際に重要なポイントとして、「間取り」が挙げられると思いますが、リノベーションすることで理想の間取りに変化させることができるので、物件選びの際に気にする必要もありません。そのため、中古マンション+リノベーションという手段によって、ますます選択の幅が広がるため、特に立地にこだわりたい方にはおすすめです。

 

※マンションのリノベーションは、建物の構造や規約によって、制約がある場合もあります。そのため理想の間取りを実現できないケースもあるため、その点には注意が必要です。
そういった制約やリノベ向き物件の選び方などについては、また別の機会に紹介させていただきます。

 

 

2.自由な設計で自分にあったデザインを実現できる
先程さらっと触れましたが、中古マンションをリノベーションすることで間取りを自由に変更できます。 “自由設計” という考え方は、一般的には新築(注文住宅)に限られたものでしたが、リノベーションによってマンションでも、間取りはもちろん、設備やテイストなども自分好みに決められる自由設計が可能です。
一般的に新築のマンションは、間取りや設備はマンションの販売会社が決めるため、この点は新築分譲マンションとの大きな違いと言えます。

 

新築マンションという選択肢でのみの場合では、立地が良く希望のエリアで物件を見つけたとしても、希望の部屋数と合わずに断念、別の物件を探し直さなければいけない可能性があります。
しかし、中古マンション+リノベーションならば、購入したあとにリノベーションをして壁を取り除くことなどの変更も可能です。
例えば、3DKの間取りを1LDKに変えることもできるので、理想の部屋に近づけるのも魅力でしょう。

 

 

3.価格を抑えることができる
中古マンションの場合は、購入費用に加えてリノベーションの費用がかかりますが、新築マンションに比べて、購入費を抑えることができます。中古マンション購入後に、リノベーションすることが経済的と言えるでしょう。

 

2019年4月発刊の「河北新報」によると、仙台市青葉区の新築マンションの平均価格は約4,781万円とのことでした。(※広告代理店DGコミュニケーションズ仙台支店調べ)
弊社のお客さまの平均は、物件の費用とリノベーション工事費を足して、2500~3000万円程度ですので、約2,000万円の開きがあります。

※この点は、後ほど説明する「リノベーション済みマンション」も同じことが言えます。
ただし、表面的なリフォームだけの場合では、相対的に購入価格が低くても「割高」という印象になる場合もあります。

 

 

 

 

中古マンション購入後、ご自身でリノベーションするデメリット

中古マンションをリノベーションするデメリットは住むまでに時間がかかることです。
新築マンションの場合は、購入したらすぐに住むことができます。一方、中古マンションをリノベーションする場合は、リノベーション工事が完了するまで待たなければなりません。リノベーションの内容にもよりますが、3~6カ月程度の時間はかかると思っていたほうが良いです。

 

また、リノベーションすることは時間だけでなく、同様に手間もかかります。
中古物件を探すだけでも手間がかかる上に、自分のお住まいに対する思いをカタチにしていくことはなかなか大変なものです。この作業を楽しんで行える人はリノベーション向き、逆にそう考えられない方は辛く感じてしまうこともあるでしょう。

 

 

 

リノベーション済みのマンションを購入するメリット

1.購入前に実物を見て検討ができる
リノベーション済みのマンションのメリットは部屋を見て購入できることです。
自分でリノベーションをする場合とは異なり、部屋が完成しているので安心して比較検討もできます。また、騒音などの外部環境に関する不安についても、新築マンションの場合はチェックが難しいですが、リノベーション済みのマンションに関しては購入前にチェックできるので安心です。
販売価格も明確に定められているため、リノベーションにいくらかかるのかを気にすることなく、購入を決めることができます。

 

 

2. 近隣や居住環境への不安が少ない
リノベーション済みマンションの2つ目のメリットは、マンションの住人に対する不安が少ない点です。すでに入居して生活している住人がいるので購入前にどのような人たちなのか確認もでき、住み心地などを尋ねることもできます。

 

実際に弊社で企画したリノベーション済みマンション(コンセプトハウス)をご購入された方のご意見として、リノベーション住宅は、「子育て世代」におすすめしたいという意見をいただいたことがあります。
中古物件の場合、ある程度築年数も経っているため、そこに長く住んでいる人も多く。同じ物件に暮らすおじいちゃん、おばあちゃんからもあたたかい声をかけてもらえるという体験を通じて、「子育て家族も安心して暮らせる」と思ったそうです。
子育て家族にとっては、事前に「子育てしやすい環境」なのかを、確認できることは大事なことかもしれませんね。

 

参考)
https://r-sendai.com/works/relation_flexible/

 

 

3. プロ目線で考え抜かれた安心・安全のお住まい
全てが自分の理想通りの物件ではないかもしれませんが、プロによって考え抜かれ、さらにはデザイン面などこだわりが詰まった物件であることが多いです。
そのため、自分では想像もできない物件に仕上がっているケースもあるでしょう。また、リノベーションの実績が多い会社では、同一の中古マンションで何件もリノベーションをしているケースもあるため、対象の中古マンションの良い点・悪い点を理解した上で広い視野で設計していることもあるため、理想を超えた物件に出会える可能性があるかもしれません。

さらに自分で手を加えられる余白があれば、リノベ済み物件でもライフスタイルにあったお住まいにすることも可能です。

 

 

4. すぐに入居できる
最後に、家探しから入居まで短期間でスムーズに進められるというメリットもあります。
既にリノベ工事が済んでいるので、購入を決めたらすぐに入居できます。リノベプランの打ち合わせにかかる時間も不要なので、引っ越し時期を決めている人には最適です。

 

 

 

 

リノベーション済みのマンションを購入するデメリット

自分でリノベーションする場合と比較すると、はじめから間取りが決まっている点です。
そのため、収納不足や部屋不足になりがちですし、「自分好みの間取り・デザインにできる」というリノベーションの大きな醍醐味を享受できないというデメリットがあります。

 

また、購入後に自分でリノベーションするケースとも共通しますが、共用部分の改修は行えないこともデメリットと言えるでしょう。
新築マンションは、部屋だけでなく通路やエントランス、エレベーターなどがすべて新品なので快適に過ごすことができます。しかしその一方で、中古マンションに関しては築年数によっては汚れや劣化が目立つこともあり得ますが、勝手に改修することはできないと心得ておきましょう。

 

 

 

まとめ

マンションのリノベーションには、大きく分けて2種類ございます。
その違いは、「どのタイミングで」「誰が」リノベーションするかの違いです。
どちらにも良い点はありますが、ひとつだけ言えることはご自身の性格や志向に合った方法をえらばないともったいない、ということです。

 

何よりも立地を重視したい方や、自由なレイアウトを希望している場合は、中古マンションを購入してからリノベーションする方法がよいでしょう。

 

<中古マンション購入後、ご自身でリノベーション>がおすすめな人
 ○物件の立地を何よりも優先したい
 ○家族構成や暮らしに合わせた間取りにしたい
 ○デザイン・素材や設備にこだわりがある(自分で選びたい)
 ○引っ越し希望日に余裕がある

 

 

一方、設備や部屋の間取りを実際に目で見て判断したい、あるいはすぐに入居したい人はリノベーション済みのマンションがおすすめです。

 

〈リノベーション済みのマンション>がおすすめな人
 ○実物を見てお住まいを決めたい
 ○すぐに住みたい
 ○ある程度キレイで、間取りやデザインに強いこだわりはない
 ○何事も自分で選ぶのは苦手
 ○手間や時間はかけたくはないが、リノベーション住宅で暮らしたい

 

 例)弊社リノベーション済み物件の一例
Case34. ゆとりと暮らす家 https://r-sendai.com/works/holiday/
Case73. くつろぎを楽しむ住まい https://r-sendai.com/works/satisfying_life/

 

家族と話し合いながら、自分に合ったタイプを選択しましょう。
最後になりましたが、リノベーションについてまだまだイメージがわかない、どちらのタイプが自分にあっているか分からないという方は、まずは「リノベーション済み物件」を一度体験してみて判断されても良いかもしれません。その際に注意していただきたいのは、部分的なリノベーションやリフォーム物件では意味が無いということです。

 

弊社でも随時オープンルームを開催しておりますので、ぜひご興味があればお声がけください。

 

 

理想の家づくりを実現する無料の相談会を毎回開催しております。

0120-37-4185 営業時間 10:00-18:00 / 水曜定休日
資料請求はこちら

@ N's Create. All Rights Reserved.