Renovation of owned house

Case58.持ち家をリノベした住まい

ご実家の建て替えと比較し、最終的にリノベーションする事をご決断したお客様。

趣味であるサーフィンのサーフボードが置ける専用スペースや、ご友人が集まって楽しめる大きなキッチンスペースを設けました。
階段の付け替えなどリノベーションならではのポイントも生かした住まいとなっております。

新築では叶えることのできない、「お客様の思い出」を活かしたお住まいの完成です。
築 約30 年
PLAN
R-戸建
CASE
所有物件をリノベーション
ROOM
4LDK→3LDK+WIC+N
114.28㎡

間取りプラン PLANNING

Before

After

物件との出会い STORY

ご結婚を機に新しいお住まいを検討していたご夫婦。
当初、ご主人様のご実家の新築建替も検討されていらっしゃいましたが、リノベでできる事・できない事等のイメージを共有させていただき、最終的にリノベーションする事をご決断いただきました。

もともと奥様は自分の好きな内装のイメージができており、工事予算も明確でしたのでリノベーション工事にスムーズに移行する事ができました。
戸建てのリノベは、内装はもちろんのこと外壁、屋根、基礎、外構と工事範囲も多岐に渡るため、工事予算が組みづらいことが多く、場合によっては建替するくらい費用がかかるケースもあります。
(今回も内装を解体してみたら柱が腐食でびっくり、なんてこともありました。。)

それでもやはり新築にはない趣のある住まいになることはリノベーションの醍醐味ではないでしょうか。
Case58.持ち家をリノベした住まい

リノベーションコンサルタント

濱端 隼人

Before

Before

Before

住まいづくり DESIGN

旦那様、奥様共にサーフィンをされるご夫婦。
サーフィン展示スペースをつくりたいなど空間のイメージが明確だったため、こちらのご提案もよりおふたりに近い感覚を持ちながら進めていくことができました。

お住まいの一番の特徴は、玄関から2階へ上がる鉄骨階段を新設したこと。エントランスの吹き抜けをより開放的に、そして動線とまとめて構成することで、1階から2階へのより一体的な空間をつくることができました。

また、もう一つのこだわりは、大理石の天板を用いた造作キッチン。
奥様が以前から集めていらっしゃったあるイメージ画像の雰囲気に惚れこみ、それに近づくよう綿密なお打ち合わせを行って実現しました。
ご友人とパーティをされることもあるとの事でしたので、そんな風に集まった時にも居心地の良い住まいになればと願っています。
Case58.持ち家をリノベした住まい

リノベーションデザイナー

菊地 悠介

資料請求はこちら

@ N's Create. All Rights Reserved.