Warmth of home

Case47. 陽だまりと暮らす家

子ども達が庭遊びできる広いお庭を求めて始まったお住まい探し。

どこにいても太陽の光が優しく照らし、心地のいい風が通り抜ける心安らぐ明るいリビングと、そして「広いお庭」。子ども達だけでなく、ご夫婦にとっても普段の日常が特別な居心地の良い時間へと変わりました。
子ども達がのびのび成長できる暮らしを叶えた戸建リノベーションです。
築 築22年 年
PLAN
R-戸建
CASE
中古戸建購入+リノベーション
ROOM
4LDK→3LDK
117.74㎡

間取りプラン PLANNING

Before

After

物件との出会い STORY

もともと新築戸建てを主に見学されていたようですが、「出来合いのものではしっくりこない」という理由で、弊社モデルルームにお越しいただきました。始めは「リノベってどんな感じなのかな」と興味本位でご来場いただきましたが、中古物件に対する漠然としたご不安は解消され、リノベーションの特徴もご理解いただいた上で、自分たちにあったお住まい探しの選択肢として「中古戸建+リノベーション」をお選びになりました。

物件探しには時間がかかりましたが、条件に合う物件があり、リノベーションがスタート。
打ち合わせ、リノベ工事と和やかに進んでいき、最後の仕上げの作業では、お施主様と弊社スタッフも参加してしっくい壁を共同で塗り上げました。
しっくい壁にお子様の手形をつけてお引き渡しさせていただいたことがとても印象的で、お施主様からもお住まいづくりの思い出にもなったとおっしゃっていただきました。
Case47. 陽だまりと暮らす家

リノベーションコンサルタント

濱端 隼人

Before

Before

Before

住まいづくり DESIGN

元々の間取りでは、玄関を入った瞬間の薄暗さ、窓際の結露によるフローリングの染みなどを気にされていましたので、それら課題解決を目指してプランニングに取り組みました。
光の入らなかった廊下とLDKとの間には、大きなガラスパーテーションを設置し、お庭側の窓からの光を取り入れられるように。また、染み対策として、窓際にはタイルを貼り、タイルをそのまま貼り延ばした収納は、ご趣味のキャンプ用品なども床のダメージを気にせずにしまえるようになっています。

リノベーションを機に、和室を洋室へと変える場合が多いですが、和室の1部屋は表装のみ替えて活用。お子様が床にそのまま座って遊んだり、お昼寝をするのにも畳の空間は気持ちがよさそうです。リビングと和室の間には、広く開ける2連の引き戸にすることで、お子様たちが家じゅうをぐるぐると走り回れるようになりました。

また、デザイン性だけでなく、安心して住めるよう痛みなどを補修することも重視されており、事前のインスペクションで指摘されていた箇所のメンテナンスはもちろん、雨水の侵入による木下地の腐食なども工事中に発見し、下地を入れ直すなど、安心してお住まいになるための補修工事を行っております。
Case47. 陽だまりと暮らす家

クリエイティブディレクター

城 浩太郎

資料請求はこちら

@ N's Create. All Rights Reserved.