Creating a better life for loving family

Case65.住まいを育てる

お客様ご自身の手で育てていく、というテーマのもと始まった住まいづくり。素材感を全面に出した、温もりと味のある住まいのリノベーションです。

家族団らんできる約23畳の大きなLDKや各々の個室、家族全員分の服を収納できるウォークインクローゼット。太陽の光をたくさん取り入れることのできる横に長い部屋の形と、広い空間を最大限に活用した間取りが特徴です。

どのように使い込まれていくのか、リノベーション後の変化がより楽しみなお住まいが完成しました。
築 45 年
PLAN
R-PREMIUM
CASE
中古マンション購入+リノベーション
ROOM
4LDK→4LDK+WIC
123.7㎡

間取りプラン PLANNING

Before

After

物件との出会い STORY

弊社のリノベーション完成見学会でお会いしたお客様。現在のお住まいから生活環境が変わらないエリアでご新居をお探しでした。
以前から住宅の売買サイトでご覧になって気になっていらっしゃった今回の物件。購入のご相談をいただき、リノベーションができそうかどうか、構造上は問題ないかなどを確認しながらアドバイスさせていただきました。

120㎡以上の広いお部屋だったため、現地を内覧後、ご予算に合わせた内容のご提案となりましたが、
お客様のリノベーションや、今後の暮らしに対するお考えの深さに私も学ばせていただくことが多くありました。
また、大量にあった以前の居住者の方の家具や荷物の残置物処理など、リノベーションと他の部分でもお手伝いさせていただいたことが印象に残りました。 

広いお庭スペースでお酒を召し上がるのが楽しみというお言葉もいただき、暮らしの質と内装の2つの面で育てていただくのが楽しみなお住まいです。
Case65.住まいを育てる

リノベーションコーディネーター

井上 直樹

Before

Before

Before

住まいづくり DESIGN

お客様と最初に決めたコンセプトが「育てていく住まい」。
もともとアンティークの家具やクラシックカーなど、古くて味のある物がお好きだったお客様。
「手間はかかってもいいので、自分たちでメンテナンスしながら育てていきたいです」
この一言から打ち合わせがスタートしました。

ご購入されたのは100㎡以上の大空間。全てを新築のようにきれいに工事するとかなりコストがかかってきます。そこで断熱や二重サッシなどを採用した基本性能のアップ、無垢の床や塗装壁などこだわるポイントはしっかり残しながらも、あえて天井を表しにしたりご自身で仕上げをしていただく場所をつくることでコストを調整させていただきました。
また、シューズクロークやパントリー、個室の壁に使った素材は針葉樹合板。本来は仕上げとして使用しない素材ですが、お手持ちの家具のテイストに合わせるためにあえてラスティック(素朴)な質感をそのままに仕上げています。

打ち合わせを重ねながら決めていった壁の色と合板の質感のおかげで、全体的に温かみのある空間に仕上がりました。
針葉樹合板も塗装壁もオイル仕上げの床も、住みながらメンテナンスしていける素材。愛着を持って育てていっていただければうれしく思います。
Case65.住まいを育てる

リノベーションデザイナー

菅野 絵美

資料請求はこちら
ノウハウコラム
スタッフブログ
ショールーム
所有不動産の活用方法

@ N's Create. All Rights Reserved.