Endless View

Case68.見晴らしを楽しむ住まい

リビングへ入った瞬間に見えるのは、一面に広がる河川の眺め。
太平洋をも望むことができるロケーションの、開放的な住まいが完成しました。

見晴らしを最大限に楽しむことができるよう、動線はできるだけコンパクトにし、リビングを大きく配置。間接照明やガラスを採用することで、さらに空間を広く感じられるお部屋となりました。
家族で過ごす時間がより充実したものとなるように、そんな思いを込めたリノベーションです。
築 25 年
PLAN
R-PREMIUM
CASE
中古マンション購入+リノベーション
ROOM
3LDK→2LDK+WIC
67.45㎡

間取りプラン PLANNING

Before

After

物件との出会い STORY

仙台市内での新しい暮らしをしたいとリノベを選択され、ご来店いただいたお客様。
街中へ通勤しやすい物件を検討とのことで、まずは資金計画を行い物件とリノベーション予算の無理のないバランスをご案内いたしました。
そして、ご予算の中から仙台市内全域にわたって物件をご案内。

青葉区の物件は、駅が遠くやや車通りが多いこと。
太白区の物件も、駅が遠く商業施設が少ないこと。
このようにデメリットをはっきりさせることで、徐々に優先度を固めていただきました。
最終的には駅まで徒歩圏内かつ太平洋も望める眺望のよい宮城野区の物件を気に入っていただき、リノベーションがスタート。近くには、水族館など商業施設や公共施設も多く、市内と比べて道幅も広いためとても暮らしやすい印象でした。

物件はワイドスパンと呼ばれるお部屋。玄関から入ると一般的なマンションの部屋に比べ横に長く、掃き出し窓も3つあるため、日当たりの良さが特徴です。比較した他の物件と比べやや天井が低いという点はありましたが、マイナスポイントを解消しながら設計担当の菊地とプランを進めさせていただきました。

生活環境の向上も含めたリノベーションでの無理のない新しい暮らし、ぜひ楽しみながら過ごしていただきたいです。
Case68.見晴らしを楽しむ住まい

リノベーションコーディネーター

井上 直樹

Before

Before

Before

住まいづくり DESIGN

何といっても、目前の川の景色の良さを空間内に取り込みたい。
物件の一番の特徴である、目の前の素晴らしい景色をうまく生かせるよう意識しながらプランニングを進めさせていただきました。

勤務時間が異なるご夫婦でも、朝起きて服を取り、水まわりへという「動線」がストレスのないように。
水まわりとWIC、ベッドルームをまとめることで、リビングを大きく、気持ちの良い空間として計画することができました。また、お客様のご理解が得られたからこそ、キッチンにカウンターを組み込むことでダイニングテーブル替わりとし、より大きなリビングスペースを実現することができました。

オーダーでいただいた「間接照明」も各所に取り入れ、必要な部分へ局所的に照明計画をしたことも、雰囲気を良くすることができたポイントです。

今回は街中暮らしの立地とは異なり、自分たちが落ち着く住まいとしての場所を選択されたことで、よりリノベーションの醍醐味を感じていただけたと思います。
今後も、お客様が心地よいと思う「物件」と「リノベーション」、どちらも満足度の高いアテンドができるよう進めてまいります。
Case68.見晴らしを楽しむ住まい

リノベーションデザイナー

菊地 悠介

Creative Your Life

住みたいまちに、「自分らしい暮らし」を

弊社でリノベーションしたお施主様の
リノベ後の暮らしについてお話をうかがいました。

リノベ暮らし

自分たちの好みをつめ込んだ「愛着のある家」

「マンションにするか戸建てにするかも決めてない状態」からスタートした家探し。
難航するのかと思いきや、内見2日目には「ここにしよう!」と家を決め、あっという間にお二人好みのステキな“我が家”が完成しました。
住まい探しは通常難航するものですが、家探し、家づくりのポイントを住まい探し専門のコーディネーターからお聞きし、住まい探しを整理できたことで、ご夫婦お二人が納得する愛着のある家ができたリノベーション住宅のご紹介です。

【概要】
家族構成:ご夫婦

扉が少なく開放的ながらも、プライベートなスペースはしっかり確保されている間取り。
無駄のない生活動線と遊び心満載のインテリア。
優しい間接照明の中で、お互いの気配を感じながら心地よく生活できるよう、絶妙なバランスでデザインされたお部屋になりました。
Q. 今回住宅を購入しようと検討された理由を教えてください。
また、当初どんな住まいを検討しましたか? 検討した住宅の選択肢について教えてください。
「将来、子どもが増えたとき、今の賃貸では狭いな」と思ったことがきっかけでした。
「また、月々7万円くらいの家賃を払っていたら年間80万円になりますよね?その家賃で5年住んだら400万円…それはもったいないな」と思い、今回賃貸の住まいから、新しく住まいを購入する選択をされたお施主様。
住まい探しのスタートは、「マンションか戸建てかも決めていない状態」からでしたが、二世帯住宅を検討していたお二人は、最初から新築ではなく、中古物件を選ぶことだけは決まっていたのということでした。
新築か中古かにかかわらず既存物件で“二世帯住宅”を探すのは難しいもの。だからといって、同じマンションを2部屋購入したり、広めの土地を購入して注文住宅をたてたり…では予算が大分かさんでしまいます。それと同時に、条件にあった土地や新築物件が見つけるのもとても時間がかかり、必ず納得するものに出会えるとも限りません。中古物件であれば、新築に比べ選択肢が広がり、条件面で合う物件を購入してリフォームしようという選択に行きつくのではないでしょうか。しかし、今回お二人は“リフォーム”ではなく“リノベーション”にたどり着きました。

そのきっかけは奥様だったのだとか。
Q. リノベーション住宅を選択した理由を教えてください。
また、どんな暮らしがしたいと思っていたか教えてください。
「リノベーションを知ったのは、友人がN'sCreate.さんの施工事例をSNSにアップしていたのを見たからです」と、おっしゃる奥様。「調べてみたら、家から徒歩5分のところに事務所があって。近いから行ってみよう」と、お二人でN'sCreate.へ足を運んでくださいました。

コーディネーターと話をする中でリノベーションでどんなことができるのかを知り、実際の施工物件を見学して「自分たち好みの家をつくりたい」とリノベーションすることを決断。
いろいろなリノベーション会社がある中で「なぜN'sCreate.」だったのでしょうか?
「いろいろなリノベーション会社を見ましたが、デザインがいちばん好きだったから」だそう。
常に「お客様らしい暮らし」を、より素敵に作りたいと思っている私たちにはとてもうれしいお言葉でした。

“どの会社でリノベーションするのか”も、リノベーションを成功させる重要なポイントです。
リノベーションをすれば必ず自分たち好みの家ができるというわけではありません。設計担当者がしっかりとお客様のご要望を理解して、プロとしてのアドバイスをしてくれるか?施工事例が自分たちの好みに合っているか?幅広い実績があるか? 

実際に足を運んで、完成物件を見学したり担当との相性はよいかなど、しっかりと担当の方と話をし、自分の目で見みることが大切だと思っております。
Q. リノベーション住宅を選んでみての感想はいかがですか?
自分達好みの暮らしをしてみて感じたこと、変わったことなどあれば教えてください。
「やっぱり、家に対する愛着が全然違いますね。」と声をそろえるお二人。
「自分のものだから大切にしたい」「賃貸の時は“ただ過ごすだけの家”だったけれど、今は家にいるのが快適で、ずっと家にいたいくらい安らぐ空間です」「インテリアをあわせて小物や草木を飾る、興味が広がり趣味が増えました」などなど…感想が次々出てくるお二人の表情からは、リノベーション住宅への満足度の高さが感じられます。

この物件を選んだ理由は「眺望がよくて。なおかつ、利便性がよく駅から徒歩15分ほどで、築25年。駅から家までの間にスーパーがいくつかあって、価格も適性。バランスが良かったから」。生活環境や予算などの条件も、お二人の希望通りだったようです。快適な暮らしを手に入れるためには、生活環境も快適でなければなりません。しかし、間取りや予算など家の条件に加えて生活環境にも条件をプラスすれば、選択肢はどんどん狭まり、希望の物件が見つからずに何かを妥協せざるをえない可能性も考えられます。

「でも、リノベーションなら、間取りはどうとでもなります。立地条件だけで選べるというのは嬉しいですよね」と、物件探しでもリノベーションの良さを実感されたようです。
Q. 私たちのこだわった部分
お施主様がこだわった部分、気に入っている点を3つ教えてください。
「照明が家の雰囲気を左右すると思い、間接照明の多さにこだわりました」というご主人。施工物件を見学して「ここに間接照明が一つあるだけでこんなに明るいんだ!」と照明だけでこんなに印象が変わるのかと感動されたそう。こだわりの照明は、コーディネーターと打ち合わせをしながら選びました。「夜は間接照明だけで過ごすことも多い」と、満足されているようです。

奥様のこだわりは「家事がしやすい生活動線」であること。ドアが少なくて朝起きてから洗面所への移動がスムーズだったり、料理をしてすぐカウンターで食べられたりなど、スムーズで無駄のない動きができるよう考えられました。
そして、お二人が全体的にこだわったのは、床の段差をなくし、壁や仕切りはできるだけ取り払い、動きやすく開放的な家であることでした。開放的でお互いの気配を感じながら過ごせつつも、プライベートな空間は確保され快適な空間になっています。
Q. どんな方にリノベ住宅をおススメしますか?
例えばこんな方はリノベーション住宅がいいのでは?と考えられる方やイメージがあれば教えてください。
「インテリアが好きでデザインにこだわりたいなど、住まいにこだわりやビジョンのある人なら、リノベーションがいいでしょうね」とお二人はおっしゃいます。

確かに、“ただ過ごせればいい家”でよければリノベーションする必要も持家である必要もありません。実際、お二人にも「寝室は寝られればいいけれど、リビングは広く取りたい」などの希望がありました。
しかし、「住まいが変わったことでいろいろなことに興味を持つようになり、今までは買っても置けないし…と諦めていた植物やインテリア小物なども、気に入ったら買って帰るようになった」のだとか。日々の暮らしが豊かになるというのは、とてもステキな変化ですね。

“借り物の家でただ過ごすだけの生活”から、“愛着のある我が家での快適な暮らし”に変わったことでお二人の毎日が変化したように、心地よい家に住むことは暮らしを豊かにしてくれるでしょう。
【N'sCreate.から、取材を終えての振り返り。】
住まいを考える、住まいを探す、住まいを作るということは自分たちがどんな暮らしをしたいのか?どんな空間にいたら居心地がいいのか?色々と自分たちの好き、嫌いを見つめなおすところから、はじまるものだと思っています。
こだわりの詰まった住まいとは?実際にお住まいになったお客様のお宅を見学したり、お話を聞いたりすることも自分達では見えない住まいへの新たな発見があるかもしれません。
リノベーション住宅の良さを体感してみたい方は気軽に見学会やオープンハウスに足を運んでみてください。
資料請求はこちら

@ N's Create. All Rights Reserved.