I'm Home

Case69.帰りたくなる家

全体的に暗めの印象だったお部屋が、開放的で明るい空間に生まれ変わりました。

リノベーション工事では大きな制限がありながらも、既存の壁などをうまく生かして再構築。各所へ収納を設け、より使い勝手もよくなりました。
晴れの日にはリビングダイニングの窓から暖かな日差しを受け、さらに居心地の良い空間に。

自然と「はやく帰りたい」と思える、そんな住まいの完成です。
築 20 年
PLAN
R-1000
CASE
所有物件をリノベーション
ROOM
3LDK→1LDK+WIC
74.4㎡

間取りプラン PLANNING

Before

After

住まいづくり DESIGN

マンションの規約上どうしても大幅な間取り変更が難しい物件だったため、残す所は残しつつ、LDKを中心に使い勝手よく見た目よくレイアウトさせていただきました。

規約上材質変更ができなかった畳敷の和室の壁をあえてオープンにし、リビングの延長として使える畳コーナーに。間仕切りを取り払うことで、それまで暗くなりがちだったリビングダイニングも一気に明るくなりました。
また、閉鎖的だったキッチンも思い切ってオープンに。キッチンを壁付け式から対面式に変更することで、背面に大きな家電収納兼キッチン収納を配置する事ができるようになりました。
リビング・ダイニング・キッチンどこにいてもテレビが見られるよう、テレビ置き場はあえて南側のブルーの壁に配置するよう計画しています。

内装は、一目見て即決されたグレーの床材をベースに、グレイッシュでシンプルなアクセントカラーをお選びいただきました。全体的に落ち着き感のあるまとまったカラースキームとなっています。

お引き渡し後にご訪問させていただいた際、奥さまに「帰りたい家になってよかった!」と言う言葉をいただけたことは本当にうれしかったです。
Case69.帰りたくなる家

リノベーションデザイナー

菅野 絵美

資料請求はこちら
ノウハウコラム
スタッフブログ
ショールーム
所有不動産の活用方法

@ N's Create. All Rights Reserved.