A flat with a Picturesque view

Case76.広瀬川を望む家

街中でありながら、仙台でこれだけの緑と自然を望むマンションは数える程。
そんな眺めを存分に味わえる、ぜいたくな暮らしを実現できるリノベーション住宅が完成しました。

もともと和室とLDKを隔てていた壁を取り払うことで、リビングには日の光がたっぷりと入り込みます。風通しも良く洗濯物も楽しくなりそうです。
要所要所に収納を設けることで、かゆいところに手が届く便利なプランになっています。
築 45 年
PLAN
R-PREMIUM
CASE
リノベーション再販
ROOM
3LDK→1LDK+WIC
68.66㎡

間取りプラン PLANNING

Before

After

住まいづくり DESIGN

片平・大手町エリアで眺望もよく、物件としてのポテンシャルが高い分、基本的にはプランはシンプルに。ニュートラルな空間にすることを意識してプランニングしていきました。

構造上、洗面部分と廊下部分の間の壁が躯体であるため、全ての壁を取り壊すことができませんでした。このように間取りとしての制限は多いですが、広い玄関空間と大きなリビング空間を用意することで、その制限をネガティブにしない構成としています。

また、1LDKから2LDKに変更できる空間を用意することで、将来個室としても対応が可能なようにしました。

また色使いやテイストに関しても、よりシンプルでシックにして長く飽きずに使ってもらえるテイストを目指し、より住み手の好みに応じて「変化できる空間」となればよいと考えています。
Case76.広瀬川を望む家

リノベーションデザイナー

菊地 悠介

資料請求はこちら
ノウハウコラム
スタッフブログ
ショールーム
所有不動産の活用方法

@ N's Create. All Rights Reserved.